【全文掲載】8/15(水)発売「ふたりの羽根」オフィシャルインタビュー!


――『はねバド!』の主題歌アーティストに決まったときの心境はいかがでしたか?

YURiKA まず「私もバドミントンをやってみよう!」と思いました。オープニングテーマからバドミントンの躍動感が伝わってこなかったら作品の魅力まで薄れてしまうので、試合の重みを少しでも体感しておきたかったんです。

――プレイした感触はどうでしたか?

YURiKA アニメのスタッフさんのバドミントン会に参加したら、経験者の方に「筋がいいね」と褒められました(笑)。私は作品と一緒にありたいという気持ちが強くて、キャラクターたちと成長していくつもりでプレイしていましたね。それにライブではシャトルを客席に打って盛り上がっているので、バドミントンの経験はいろいろと役立っているんですよ。

――主題歌「ふたりの羽根」の印象を教えてください。

YURiKA サビがキャッチーで一度聞いたら口ずさめるメロディになっていて、まさにOPテーマらしい楽曲ですよね。『はねバド!』のキャラクターは、綾乃もなぎさも心の奥底にはどこか影があって、その感じを匂わせながら「掴み取っていくぞ!」と上を向いている印象を受けました。元気で突き抜けた明るさも兼ね備えていて、私らしい素敵な曲をいただけたと思っています。

――レコーディングで意識したことはありますか?

YURiKA キーがとても高いのですが、歌いにくいという感覚はなかったですね。バドミントンはスピード感があるスポーツで、激しさの中には独特なしなやかさも含まれています。そういった要素を全身に取り込んで、綾乃たちの隣に寄り添う気持ちで伸びやかに歌いました。

――OPアニメも迫力があって話題になっています。

YURiKA 感動しましたね! 最初の「ひとりだって進める?」のリズムに乗って『はねバド!』のロゴが一文字ずつ出て、曲のリズムと絵がシンクロしていくんですよ。私の歌とアニメが合わさって、作品と一体になったような気がしました。とくに好きなのが、ネット越しに映ったなぎさの顔が変化していって、綾乃と手を重ね合わせるサビ前の映像です。ライブで歌うときはOPアニメを意識して、綾乃と同じように手を差し出しているぐらいです(笑)。ライブ中もアニメの要素をしっかりと見てもらいたくて、作品をリスペクトしながら歌っています。

――今回は振り付けにもチャレンジしたそうですね。

YURiKA はい。振付稼業air:manさんに付けてもらいました。私は歌っている最中も好き勝手に動き回るタイプなので、逆に動けなくなってしまうんじゃないかと心配していましたがそんなことはなかったです(笑)。振り付けはとても覚えやすかったですし、ファンの皆さんも一緒にやってくれて一体感も生まれるんです。ライブに来てくださった方には、振り付けも楽しんでほしいですね。

――アーティスト盤のカップリング曲「#ザキャッチ」はご自身のラジオ番組から生まれた楽曲です。どのような経緯でリスナーと曲を作ることになったのでしょうか?

YURiKA 4月から『YURiKAのTHE CATCH』というラジオ番組を持たせていただいたのですが、もともと私は文化放送のアニラジのヘビーリスナーでハガキ職人もしていたんです。ラジオはパーソナリティとリスナーの距離が近いところが好きなんですよ。毎週顔を合わせて盛り上がっているような楽しさがあって、皆さんと一緒に何かがしたくて曲を作ることにしました。

――曲作りはどのように進みましたか?

YURiKA 最初に番組でデモ音源を公開して歌詞を募集しました。歌詞にはリスナーだけが分かる小ネタをたくさん仕込んでいて、たとえば「1134」は文化放送の周波数ですし、「18時」はラジオが始まる時間ですし、「チョロい女」というフレーズは私がコーナーでチョロいと言われてしまったことが由来です(笑)。コーラスもリスナーをスタジオに呼んだり、音源を募ったりして作りました。ライブ映えする曲に仕上がったので、皆さんの前で早く披露したいです。

――Keyのゲーム最新作『Summer Pockets』では挿入歌「夜奏花」を担当されました。

YURiKA デビュー前からKeyが大好きでしたから、その最新作に関われるなんて……。将来の夢ではあったのですが、私にとって遠すぎる存在だったので、まだその時期ではないだろうなと思っていたんです。本当に信じられませんでした。

――Keyのどういった部分に惹かれているのでしょうか?

YURiKA Keyの曲はシナリオライターさんが作詞を兼ねていることが多くて、作品との結びつきが非常に強いんですよ。私がKeyに触れたキッカケは、アニメ『CLANNAD ~AFTER STORY~』のOPテーマ「時を刻む唄」でした。Liaさんの歌声が綺麗なのはもちろん、詞も素晴らしかったのですが、本編を見ていなかったので分からない部分も多かったんです。そこでアニメを見たら隠されていた歌詞の意味が分かって「作品と歌が繋がるってこういうことなんだ!」と衝撃を受けました。そこからKeyが大好きになって、ゲームもすべてプレイしました。

――では「夜奏花」も作品とリンクしている曲なんですね。

YURiKA そうですね。「夜奏花」は加藤うみちゃんという女の子について歌った曲です。主人公のはとこで、チャーハンが得意料理な可愛い子なんです。「夜奏花」にもゲームをやらなければ分からない歌詞があって、単語の一つ一つに深い意味が込められています。

――どんな気持ちでレコーディングに臨みましたか?

YURiKA 「今度は私が歌と作品の関係性を表現するんだ!」と思うと感慨深くて、練習は泣かないようにすることから始めなければいけないほどでした(笑)。でも「中途半端なことは絶対にしたくない!」と思ったので、すべてのシナリオをいただいて読み込んで、一人一人のキャラクターの想いまで、すべてを噛みしめてからレコーディングに向かいました。

――ゲームをプレイして自分の歌声が流れたときはどんな気持ちでしたか?

YURiKA その前に作品自体が面白くて、私の歌が流れることを忘れるぐらい熱中して楽しんでいましたね(笑)。ただ歌が流れたときは夢のような気持ちでした。最後のエンドロールに私の名前があって、ようやく現実なんだなと……。「夜奏花」はうみちゃんの大切なシーンに流れます。挿入歌はシーンと共にあるものですから、作品と一緒にいたいと思っている私らしいなと感じました。ぜひ『サマポケ』を楽しんでください。

――そして8月28日にはAnimelo Summer Live 2018 “OK!”に出場されます。

YURiKA アニサマの出場はラジオのサプライズで知ったんですよ。ゼネラルプロデューサーの齋藤(光二)Pが、リスナーとしてメールを送ってきてくれたんです。私は埼玉県蓮田市出身で、デビューしたころから言い続けてきた「埼玉には海も山もないけどアニサマがある!」という発言を齋藤Pが気に入ってくれたらしいです(笑)。

――アニサマへの意気込みをお願いします。

YURiKA 中学生のころからお客さんとして参加していたので、あのサイリウムの海の中で私が歌うことに実感が湧いていないんです。それに今回は自分で掴んだ舞台だとはまったく思っていなくて、皆さんがチャンスを与えてくれたものだと感じています。だから来年も再来年も出演できるように、次に繋げるステージにしたいです。皆さんの期待を背負って頑張っていくので、今年の夏はYURiKAと駆け抜けましょう!

商品情報はこちら
キャンペーン情報はこちら